恋愛と言えば・恋愛で困ったら・ハニホー!

< 相性について:TOP(目次)へ戻る

相性とは何か

相性って何?何をもって相性が良いとか悪いとか言うの?

相性というのはそもそも抽象的な言葉で、恋愛における相性というのはコレだ!という定義はありません。例えば、ぶつかり合わないで馴染むことなのか、それとも強く惹かれ合うことなのか、人によって視点が違うことでしょう。場合によっては、「お互いに相手の体臭が好きか」というのも相性のうちに入ることでしょう。

ですから、どういう切り口で「相性」というものを眺めるか、どういう素材をピックアップして「相性」というものを考えるか、そういう問題なのです。

我々ハニホーの「相性占い・診断」はもうやってみましたか?我々は、無限にある視点の中でも、どうまとめると「みんなが考える相性」というものにフィットするか、恋愛や結婚がうまくいくために重視されるべき相性とは何か、そんな視点で相性を考えています。

相性を考える難しさ

多くの人は、相性というと「性格が合うか」という視点で捉えるかと思います。人によっては「カラダの相性が大事」などと思うかもしれません。

一言で「性格の相性」と言っても難しいものです。例えば、ある男性は、ある女性に出会い「人懐っこくて甘えん坊でかわいらしい」と感じて惹かれるかもしれません。しかし付き合って一年が経ったころ「おれに甘えすぎ。依存しすぎだし重い」と言い出すかもしれません。前はそんな風に甘えてくるようなところが好きだったのに…。もしかすると、彼女のかわいらしい部分は、依存心と分離できるものではなく、表裏一体だったのかもしれませんよね。「お互いの違いに惹かれ合い、後で、お互いの違いでいがみ合う」というのは、世間を見渡せば、とてもよくあることでしょう。

ですから、上の例で言えば、「短期的な相性は良い」「長期的には摩擦が起きやすい」ということになります。これだけでも少し複雑ですが、それでもあまりに大雑把ではないでしょうか。お互いの価値観や性格が違うことで長期的に摩擦が起きるのは、途中から悪循環に陥り、余裕を失うから、でもあります。ですから、ここには「悪循環に陥りやすいか」「余裕を失いやすいか」というのも考慮に入れないといけないのです。性格の違いによる摩擦は、余裕を失わなければ発動しないからです。

このように、相性を考えるのは、とても難しいのです。

もっとある、相性の難しさ

例えば「環境」「ステータス」の相性はどうでしょうか。結婚の相性を考えるなら、金銭感覚だけでなく、経済力についても重要になってくるでしょう。年齢はどうでしょうか。本気で二人の行く末を考えたら、年齢の問題も無視できないときがあります。例えば彼氏だけどんどん世界が広がって充実していくのに、彼女は結婚に焦っているとなれば、相性診断で良い結果を出すのは難しくなるでしょう。「この年齢の組み合わせで、この性格だと、数年後には彼氏に彼女が捨てられるのではないか。我慢できなくなるのではないか」そういうこともあります。

「ラブラブになれるかどうか知れればいいんですけどぉ」という人もいれば「そこまでリアルに考えるべきだ」という人もいることでしょう。視点によって「相性」というのは、だいぶ変わってくるのです。

そこそこ妥当な(大雑把な)相性のまとめ方

混乱するようなことを多々書きましたが、一応は「相性」というものを、こんな視点で捉えてはどうでしょうか。

◆発火するか(スタートの相性)
◆ラブラブになれるか
◆安定して維持できるか
◆結婚に向いているか

本コラムもこういう切り口で語ります。そして、ここに「年齢の相性」の項目を加えて考察していきます。単なる考察の垂れ流しですから、暇な人はどうぞお付き合いください。

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。

【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
相性について:TOP(目次)へ戻る
新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち恋愛占い(恋愛傾向)結婚占い結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち相性不倫浮気復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長